LAMBROS CUES, INC. 

ボルチモアのキューメーカー、マイク・ランブロスのキューです。

彼はもともとエンジニアだったのですが、既存のキューに満足できなくて「自分ならもっといいキューが作れる!」と思ってキューメーカーになりました。同様の動機でキュー製作を始めたキューメーカーがアメリカにはたくさんいます。

彼は宣伝文句に”The Hit”を謳って性能本位のキュー製作を行ない人々に受け入れられたメーカーで、腕の立つ職人だったことは間違いありません。

 

フォアアームです。

ステインのかかったメイプルに黒檀の4本ハギです。

ハギの中には矢尻形とダイヤ型のインレイが配置されています。

非常にオーソドックスなものですが、良くバランスの取れたデザインと言えるでしょう。

ジョイントカラーに届きそうなほどに長いハギがランブロスの特徴の1つです。

ハギに付けられた4枚のベニヤも大変きれいです。

バットスリーブです。

黒檀にフォアアームと同様の矢尻とダイヤのインレイで構成されています。

リングはありませんが、代わりにダイヤインレイでバットスリーブの上下を装飾しています。

複雑なインレイワークではありませんが、大変洗練されたデザインだと思います。

ジョイントです。

ランブロスのトレードマークともいえる、すり鉢型のウルトラジョイントです。

当初は10山のフラットフェイスを使用していましたが、1998年にこのジョイントが開発され、ランブロスキューの標準仕様となりました。

また、ランブロスはキャロム用のキューも製作することで知られています。

ランブロスの他にシュレーガー、レイ・シュラー、デニス・ディックマンなど、キャロムキューを作るアメリカのキューメーカーはそこそこいるのですが、あまり見かけないですね。

 

バットキャップのロゴマークです。

1999年に製作されたキューであることがわかります。

ランブロスはジョスウエストのように年代によってこのロゴマークが変遷しています。

最初の頃はバットキャップがもっと長くてLAMBROSの文字が縦に入っていました。

 

関連キーワード
My Favorite Cueの関連記事
  • バリー ザンボッティ/BARRY SZAMBOTI #129
  • ブランズウイック/BRUNSWICK #128
  • サムサラ/SAMSARA #127
  • オメガDPK/OMEGA/DPK #126
  • マクダニエル/McDANIEL #125
  • サウスウエスト/SOUTHWEST #124

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
My Favorite Cue
バラブシュカGB-8キュー お客様よりご紹介いただいたキューです。 名匠ジョージ・バラブシュカの遺族から許可を得てその名を冠したキューです。...
My Favorite Cue
お客様から投稿いただいた、初期のムサシです。ムサシとしての基本構造は持っていますが、詳細部分はまだ確立されておらず、メーカーもいろいろ試行錯...
My Favorite Cue
ARIEL CARMELI CUSTOM CUES  カリフォルニアのキューメーカー、アリエル・カーメリのキューです。 日本での知名度はあま...
テクニック講座
こんにちは、スタッフ野田です。 バンクショットについて その2をお送りします。 今回は具体的な狙いのつけ方をお話したいと思います。最初に、ち...